head_img_slim
呉市の整体「藤井整骨院」HOME > 呉市で妊活をお考えの方へ

呉市で妊活をお考えの方へ

何をやっても妊娠しないとお悩みなら、夫と二人で今の生活を変えましょう。

夫婦体外受精などの不妊治療には多額のお金がかかります。

なので、もう子どもは諦めようかな…、そんなお気持ちをお持ちの方がおられるかもしれません。

ですが、妊娠できないのは、今のあなたの骨盤が歪み、食事・運動・睡眠・心の持ち方が間違っているためです。

それに気づいて直せるか、気付かずに悩み続けるかは、あなた次第です。

もし、本気で今の生活を改善し、妊活に取り組もうとお考えなら、藤井整骨院はあなたの気持ちを応援します!

※女性にだけ不妊の原因があるわけではありません。夫と協力して二人でやっていきましょう。

精子も元気でなければなりませんし、妊娠中・産後のママが心穏やかに過ごせるよう、夫の協力が必要不可欠です。


 

妊活とは?

最近よく聞く「妊活」とは、妊娠についての正しい知識をつけ、自分の体の状態を把握し、妊娠するために前向きに活動することです。

将来、自然に妊娠しやすくするための体作りや生活スタイルを整えることと言われています。

具体的な活動として、骨盤の歪みを整える・体を冷やさない・食生活の改善・適度な運動・良質な睡眠・ストレス発散などがあります。

妊婦もしあなたが今、結婚を控え妊娠を考えているなら、不妊治療中で妊娠を望んでいるなら、2人目が欲しいとお考えなら、妊娠する前に骨盤の歪みを整えませんか?

骨盤が歪んだままでいると、子宮も歪んでしまいます。

子宮の歪みが原因で、不妊や早産・流産の危険性が高まる可能性もあります。

それに、歪んだままの骨盤・子宮で妊娠してしまうと、産まれてくる赤ちゃんの体まで歪ませてしまい、赤ちゃんの成長の妨げとなります。

タイミング療法を経て、人工授精にかかるお金は1〜3万円程度、体外受精・顕微受精は30万〜70万円程度と高額になります。

せっかく高額なお金をかけても、骨盤が歪み、それに伴い子宮の形も歪んでいれば、妊娠の可能性は低くなってしまいます。

不妊で悩んでいる、できれば安産で産みたい、子育ても頑張りたいとお考えなら、まずは骨盤の歪みを整えることから始められることをお勧めします。


 

妊活整体について

妊活整体を行わせていただく上で、最初に確認させていただくのは妊娠の有無です。

もし、妊娠の可能性のある方は、整体をお断りさせていただきますので、ご了承ください。

骨盤骨盤は、仙骨・尾骨・寛骨という4つの骨からできています。

その4つの骨をつないでいるのが、靭帯と筋肉なのです。

靭帯と筋肉に、がっちり骨を結合してくれるだけの強さがあれば良いのですが、便利になってしまった生活や日頃の運動不足等で、この靭帯と筋肉の働きが弱くなっているために、骨盤がすぐに歪んでしまう訳なんです。

そして骨盤は、歪んだまま凝り固まってしまい、その周りの靭帯や筋肉も固まってしまいます。

この靭帯や筋肉・骨盤のコリをほぐし、正しい位置に整えるのが妊活整体なのです。

整体で骨盤を正しい位置に整えることは私にお任せください。

しかし、整体で正しい位置に戻しても、骨盤の歪みは靭帯と筋肉の弱さが原因しています。

靭帯や筋肉を強くし、正しい姿勢を維持することは、あなたの日々の努力で頑張ってもらうしかないのです。

そのため、あなたには正しい位置を保っていただくために、運動や姿勢の改善、食生活・睡眠時間の見直し等やっていただきます。

現在妊娠しにくい体ということは、生活の何かが間違っているのです。

これは今の悪い生活習慣をガラッと変えるチャンスです。

生活習慣・姿勢を見直し、正しい生活・習慣・姿勢を身に付けましょう!

アドバイスはきっちり致しますので、もし呉市で妊活をお考えの方は、藤井整骨院にご相談くださいませ。

TEL 0823-21-4828


 

食事を見直しましょう

赤ちゃんは、母乳で育ちます。

「母乳=お母さんの食べた物」で育つのです。

あなたが毎日食べた物が血液となり、その血液が母乳となって赤ちゃんが育つのですから、そう考えると日々の食事の大切さが改めて感じられませんか?

血液は3カ月、骨は11カ月で入れ替わると言われています。

そのため、妊娠前から食事・生活を見直しておく必要があります。

妊娠中に限らず、産後もですが、できれば以下のような食事をおススメします。

1.主食はお米、できれば玄米にする

妊婦2.おかずは旬の野菜、海藻中心にする

3.よく噛んで、腹七分にする

4.間食はしない

5.嗜好品(お菓子・カフェイン・タバコ・お酒など)はやめる

栄養バランスを考え、玄米を中心とした一汁二菜や一汁三菜の和食が基本になります。

詳しくは、東條百合子さん、若杉友子さん等の書籍をご覧いただくとよく分かります。

ご飯、みそ汁、野菜のおかず1・2品程度が目安です。

子宮や卵巣に病気のある方は、食事が高脂質な物に偏っている傾向があります。

パン食にしてしまうと、ジャムやバターをつけたり、合わせるおかずがサラダにドレッシングや卵など高タンパク・高脂質な物になります。

油・砂糖・塩・化学調味料を知らず知らずのうちに多くとってしまっているのです。

できれば、和食中心にし、甘い物、スナック菓子、ジュースや清涼飲料水、ファーストフード、インスタント食品、レトルト食品などの加工食品はやめましょう。

特に砂糖の取りすぎ・果物・お肉の食べ過ぎは厳禁です。

食物には性質があり、体を温める陽性の食べ物と体を冷やす陰性の食べ物とがあります。

できれば、陽性の食べ物を中心に食事を摂りたいですね。

とても体を冷やす極陰性の食べ物に南国のフルーツがあります。

バナナバナナ、マンゴー、パイナップル、キウイフルーツなどなど、南国の熱滞地方で採れるフルーツは体を強く冷やす作用があります。

また、アイスクリームやジュースなどの冷たいもの、甘いものも陰性が強いので、妊娠しにくくなります。

珈琲などのカフェイン、ジュース、アルコールも控える必要があります。

和食中心とし、体を冷やす食べ物を避け、体が温まるような食物を食べましょう。

食事はすべてあなたの体を作る基本となりますので、毎日の食生活から見直しをすることを心がけましょう。


 

骨盤を締めましょう

骨盤を支える靭帯・筋肉が弱いため、骨盤を正しい位置で維持することが難しくなっています。

変な姿勢や座り方をしていると、すぐに骨盤は歪んでしまいます。

骨盤ベルトで骨盤をしめましょう。

そして、正しい姿勢・座り方をし、靭帯・筋肉を鍛えましょう。


 

禁酒・禁煙すること

多くの方が妊娠に気付いてから飲酒や喫煙を控えていますが、それでは遅すぎます。

タバコ妊娠と判定しにくい第7週頃にはすでに胎児の脳細胞はできています。

タバコが胎児に与える影響は計り知れませんし、母体の健康も危ぶまれます。

タバコは、百害あって一利なしです。

妊娠したいとお思いなら、これから先もずっと健康で子育てをしたいなら、今日からタバコ・お酒はきっぱりやめましょう。


 

薬・栄養ドリンクはやめましょう

薬薬は副作用がありますので、妊娠に影響を及ぼします。

もし医師からの処方で、何かしらのお薬を飲んでおられるなら、処方してもらっている医師と相談の上、やめれるものはやめていきましょう。

自分で買っているサプリメントなどはすぐにやめましょう。

栄養ドリンク・サプリメントは肝臓など臓器に負担をかけてしまうので、かえって良くありません。

人工的に作られたものではなく、栄養は日々の食事で自然の食物からとるようにしましょう。


 

経皮毒に注意

経皮毒とは、日常使われている製品を通じて、皮膚から有害性のある化学物質が吸収されることです。

私たちの身の回りの物の多くは石油化学製品です。

化学繊維やシャンプー・リンス、化粧品、合成洗剤、歯磨き粉、ティッシュやプラスチックなどがそうです。

毎日使うものだからこそ、安心・安全な物を選んで使いましょう。


 

布ナプキン(エコ・ナプキン)にする

市販の生理用品(紙ナプキン)は、ほとんどが石油系の材料でできており、その安全性はよく確かめられていないままなのだそうです。

ダイオキシンが含まれている可能性があるということをご存知でしょうか?

ダイオキシンはわずかな量でも非常に強い毒性があり、子宮内膜症などを引き起こす原因となります。

生理中、かぶれたり、ムレたり、かゆみがあったりということは、体に何かしらの影響が出ているということです。

その点、布ナプキンですと、綿100%の生地を使えば安心ですし、ゴミもでないのでエコにもつながります。

赤ちゃんのおむつを布おむつにするのと同じ感覚ですね。

布ナプキンを使うと月経不順や月経痛、子宮筋腫や子宮内膜症の症状が軽減したり解消したりするそうです。

使い捨てる便利さよりも、安全性を求めて、自分の子宮は自分で守りましょう。

皮膚からも吸収されていくので、日頃使う洗剤やシャンプーなどもオーガニックな物に変えていきましょう。

化粧も極力最小限で。

頭部は子宮とつながっているので、悪い物は子宮に溜まっていくばかりです。

肌断食‐平野卿子著がとても参考になります。


 

冷えとりをしよう

不妊にはたくさんの要因がありますが、冷えの改善は、妊活には有効だと言われています。

体質の改善はなかなかすぐには効果が表れません。

靴下の重ね履き、半身浴、湯たんぽを活用する冷えとり健康法で、ゆっくりと体を整えていきましょう。

女性は一生(特に妊娠中、産後)、冷えは大敵ですので、十分注意しましょう。


 

毎日歩く

歩くお仕事をされておられるなら、朝の通勤を徒歩で行うなどして、歩きましょう。

電車やバスを一駅前で降りて歩いたり、買い物を自転車でなく歩くようにしたりと、無理なくできるよう工夫してみてください。

※自転車は骨盤を歪ませやすいので、やめましょう。

できれば昼間、太陽の光を浴びながら毎日30分歩いてほしいです。

思いついたように今日は走ってみようと走っても体は付いてこず、かえって体に負担をかけるだけで、後に残るのは膝痛・腰痛くらいです。

無理なく続けるためには、無理のない範囲で自分で毎日行える、「ついでに歩く」ことから始めてみてください。

歩くときは、歩きやすい靴を選びましょう。

ハイヒールや厚底靴などは骨盤を歪めてしまうので、やめてください。


 

妊活と同時に、産後家事などを手伝ってくれる人を探しましょう

産後は、とにかく休息が必要です。

できれば里帰り出産をお勧めします。

難しければ、家族の方に来てもらったり、家事ヘルパーさんをお願いしましょう。

産後は、体は傷つき、ホルモンバランスが崩れているので、無理をすると、とにかく疲れます。

産後3週間は絶対にゆっくり休養できるように、育児・家事などを手伝ってくれる人を前もって見つけておきましょう。

赤ちゃんのためなら無理して動いてしまうのが母性なのですが、赤ちゃんのお世話以外の無理は厳禁です。

夫やご両親や兄弟、友人など、事前に「産後の体は休養が一番の薬だから」と、甘える時はしっかり甘え、体を休める環境を整えておきましょう。

旦那さんの協力が得られないままの育児は大変です。

旦那さんとの関係がギクシャクしていると、お子さんの気持ちも不安定になってきます。

お互いに想い合える関係を築いておくことが大切ですよ。


 

お問い合わせはコチラへ!

呉市の整体・藤井整骨院

呉市の整体・藤井整骨院はこちらご予約・ご相談はお気軽にどうぞ!!

TEL 0823-21-4828

営業時間:10時〜20時

定休日:日曜日 【完全予約制】 当日予約可

呉市東中央1−9−21(三和ストアー呉本店の川向になります。)

車※申し訳ありませんが、当院は駐車場のご用意はありません。

公共交通機関をご利用いただくか、近くの駐車場をご案内致します。

(後藤病院裏のパーキングが当院から一番近い駐車場になります。)

1人1人の患者さんに時間をかけて施術をしているので、1日限定8名です。

お早めにご予約ください。

ご不明な点がございましたら、まずはお気軽にご相談下さい。

→メールでのお問い合わせ


周辺地図


ページトップに戻る